借金返済@完全ガイド【決定版】!

借金返済@完全ガイド【決定版】 HOME借金返済の基礎知識借金を抱えたら…こんな人が借金をする借金返済の「テクニック」紹介

借金返済の基礎知識

借金を抱えたら…

こんな人が借金をする

借金返済の「テクニック」紹介

このサイトについて

こんな人が借金をする

ギャンブル依存症

借金にはいくつかの「種類」がありますが、大きく分けると、「住宅ローンなど、仕方のない融資」と、「ギャンブル資金のためなど、自分勝手な借金」の2つになります。そこで、「どんな人が借金をするのか?」というテーマで、特に「自分勝手な借金」について考えてみたいと思います。

「自分勝手な借金」の代表例が、上記のような「ギャンブル」ですね。競馬、パチンコ、競輪、競艇などなど、公的に認められたギャンブルは日本にもありますが、時にはギャンブル熱が過熱しすぎてしまい、「ギャンブル依存症」という立派な病気になることもあります。

以前、NHKのドキュメンタリー番組で、「ギャンブル依存症になった人」を特集していましたが、「ギャンブルが止められない」というのはもちろんのこと、「自分の意思では止められない」というのが依存症の典型例だそうです。つまり、「借金などのことを考えると、ギャンブルを止めた方が良いのは分かっている。しかし、精神と体が言うことを聞いてくれない」という状況ですね。

ギャンブル依存症は、「多重債務」の第一歩とも言えます。また、依存症の人を狙った「闇金融」もあるんですね。「090金融」と呼ばれる、店舗を持たずに携帯電話だけで活動している金融業者もいるのです。もちろん、「闇金」であることがほとんどですね。

さらに、ギャンブル依存症になっている人の中には、家庭を持っている人も多いのです。「家族に借金のことは知られたくない…」という感情を逆手にとって、無茶な取り立てを繰り返す業者も大きな問題になっています。

もし、自分が「ギャンブル依存症」だと感じたなら、早急に「精神科医」に相談しておきましょう。何かしらの「手立て」を教えてくれるのはもちろん、「依存症から脱却する!」という「新しい目標」を持つことも、ギャンブル依存症から立ち直る第一歩と言えるのです。


ごく一般的な主婦が…

最近では、ごく一般的な主婦が「借金」に悩むことも多いのです。専業主婦であれば、ご主人の収入で生活できますし、ビジネスをやっているわけでもないため、「事業の失敗での借金」もないはずです。また統計的には、サラリーマンと比べると、主婦でギャンブルをする人の割合はそれほど高くなく、「なぜ一般的な主婦が…」という疑問を持ってしまうことも納得です。

ごく一般的な主婦が借金に陥ってしまう原因は色々と考えられます。男性サラリーマンと同様に、「ギャンブル依存症」という場合もありますが、むしろ、「生活費のために」という理由が増えているのです。リーマンショック以降、「派遣切り」が深刻になったのは記憶に新しいところですが、正社員の方でも「給料カット」や「ボーナスカット」などに苦しんでおられますね。大変なのは、住宅ローンを抱えておられる家庭です。住宅ローンの中には、「ボーナス時に○○万円の支払い」と決まっている場合もあります。このとき、ちゃんとボーナスが支給されたなら問題ないのですが、昨今の不況を考えますと、どうしても「ボーナス払いの資金が足りない…」というケースが増えてしまうのです。

主婦の皆さんの中には、家族に心配をかけたくないと考え、「自分の名義でこっそりと借金をする」ということもあるんですね。そして、借りたお金でローンを支払ったり、生活費の足しにしているわけです。

以前、ある新聞で「専業主婦のへそくり平均額」という記事を読んだことがあります。「400万円以上」という人も多いらしく、驚かされたことを覚えていますが、その背景には「生活費のために…」という人もたくさんいるんですね。この場合は、恥ずかしがらずに家族に相談しておきましょう。「どうしても仕方なく…」という事情であれば、家族だって絶対に理解してくれますよ!


学生

「学生で借金をする」という光景、昔ならよくありましたよね。昔は、みんな貧乏だったのです。「4畳半1間」のボロボロのアパートに下宿しており、飲食店の支払いは「ツケ」の月末払い、また、「家財道具を質屋に入れる」なんて光景もよくあったそうです(父親からそんな話を聞いたことがあります)。しかし、「今の学生さんは本当に恵まれているなぁ」と感じることが多いですね。住んでいるところもピカピカのマンションで、何の不自由もなく生活しているのです。

ところが、リーマンショックが日本経済に大きなダメージを与え、また、将来の年金不安などもあり、「学生に仕送りする生活費」もこの数年は減少傾向にあるのだそうです。しかし、現実の生活費や学費は待ってくれません。そこに、金融機関が目を付けることがあります。

「学生ローン」という言葉をご存知でしょうか?学生向けの融資サービスのことであり、種類によっては、「20歳以上の成人なら保証人なしでOK!」という場合もあるんですよ。これがなかなかの「曲者」なんですね。学生さんの場合、社会的な責任を持っていない人が多いのです。決して悪い意味で言っているのではなく、「社会的責任を持つ必要がないため、ない人が多い」ということです。したがって、「借金の踏み倒し」が頻繁に行われるのも、学生ローンの大きな特徴と言えるでしょう。

もちろん、現実に踏み倒せるはずありませんよね。学生だからと言って、逃げられると思ったら大間違いです。最終的には、保護者の方に取り立てが向かうことになり、せっかくの学生生活に大きな「汚点」を刻んでしまうこともあるのです。したがって、本当に必要な場合では仕方ないかもしれませんが、安易に学生が借金をすることはやめておきましょう。


年金生活している高齢者

借金をする人の中には、この数年で「高齢者」の方が増えているのだそうです。しかも、闇金に目を付けられることも多く、大きな社会問題にあってしまうケースもあるんですね。しかし、高齢者の方が借金をする理由とは何でしょうか?高齢者と聞くと、一般的には若年層より「貯蓄」が多く、贅沢は出来ないものの、「普通の生活は十分にできる」と思うのですが…

高齢者の方の収入と言えば「年金」ですね。現役時代、正社員のサラリーマンだった場合は、「厚生年金」が支給されることになります。厚生年金の支給額は、人によって大きく異なるのですが、およそ「15万円〜20万円」が一般的です。夫婦合わせればもっと大きな金額になりますね。また、そこに「企業年金」などが加算されれば、それなりの収入になるため、何も借金をする必要などありません。

しかし、国民年金の場合は話が別です。国民年金は、主に事業をやっていた人などが受け取る年金であり、支給額は「7万円程度」であることが多いですね。夫婦で受け取ったとしても、「月20万円以下」の収入にしかなりません。このとき「持ち家」があれば、家賃負担がないためにギリギリの生活が出来ますが、賃貸住宅で生活している高齢者にとっては大きな問題です。

さらに、「子供が事業に失敗して…」や、「孫の教育費のために…」などの理由で借金をする高齢者も多く、このような人たちは「借金=恥ずかしい」と強く感じる年代であるため、強引な取り立てにも「ひたすら耐える」というケースが多いのです。ここに、悪徳業者が目を付ける「すき間」があるんですよ。中には、取り立てに苦しんで自殺するケースもあります。

今では、年金に対する不安は大きくなるばかりですし、新しく政権を取った民主党の年金政策もまだ先が見えません。やっぱり、若い時に精一杯働いて、少しでも「将来の蓄え」を自分で残すしかないのでしょうか…?



エリートサラリーマン

借金をする人の中には、この数年で「高齢者」の方が増えているのだそうです。しかも、闇金に目を付けられることも多く、大きな社会問題にあってしまうケースもあるんですね。しかし、高齢者の方が借金をする理由とは何でしょうか?高齢者と聞くと、一般的には若年層より「貯蓄」が多く、贅沢は出来ないものの、「普通の生活は十分にできる」と思うのですが…

高齢者の方の収入と言えば「年金」ですね。現役時代、正社員のサラリーマンだった場合は、「厚生年金」が支給されることになります。厚生年金の支給額は、人によって大きく異なるのですが、およそ「15万円〜20万円」が一般的です。夫婦合わせればもっと大きな金額になりますね。また、そこに「企業年金」などが加算されれば、それなりの収入になるため、何も借金をする必要などありません。

しかし、国民年金の場合は話が別です。国民年金は、主に事業をやっていた人などが受け取る年金であり、支給額は「7万円程度」であることが多いですね。夫婦で受け取ったとしても、「月20万円以下」の収入にしかなりません。このとき「持ち家」があれば、家賃負担がないためにギリギリの生活が出来ますが、賃貸住宅で生活している高齢者にとっては大きな問題です。

さらに、「子供が事業に失敗して…」や、「孫の教育費のために…」などの理由で借金をする高齢者も多く、このような人たちは「借金=恥ずかしい」と強く感じる年代であるため、強引な取り立てにも「ひたすら耐える」というケースが多いのです。ここに、悪徳業者が目を付ける「すき間」があるんですよ。中には、取り立てに苦しんで自殺するケースもあります。

今では、年金に対する不安は大きくなるばかりですし、新しく政権を取った民主党の年金政策もまだ先が見えません。やっぱり、若い時に精一杯働いて、少しでも「将来の蓄え」を自分で残すしかないのでしょうか…?


▲ページの上へ戻る