借金返済@完全ガイド【決定版】!

借金返済@完全ガイド【決定版】 HOME借金返済の基礎知識借金を抱えたら…こんな人が借金をする借金返済の「テクニック」紹介

借金返済の基礎知識

借金を抱えたら…

こんな人が借金をする

借金返済の「テクニック」紹介

このサイトについて

借金を抱えたら…

返済の「シュミレーション」

私たちは時として、借金をすることもあると思います。「住宅ローン」や「車のローン」はもちろん、時には「生活のために」という理由で借金をすることもあるでしょう。借金は、出来るならしたくないと思いますが、「どうしても仕方がない…」ということもあると思います。しかし、借金をするときには、必ず「返済のシュミレーション」をしておきましょう。

借金をしている人の中には、時々「多重債務の陥っている人」がいます。これは困ったものですね。複数の場所からお金を借りていますので、「返済のために別の金融機関から借金をする」ということもあるのです。このような多重債務者には、共通して「返済のシュミレーションがしっかりと出来ていない」ということがあるんですね。つまり、「その瞬間だけを何とかやり過ごしたい…」と考えているのです。

借金は、一度してしまうと逃げることが出来ません。「夜逃げ」なんて言葉もありますが、こんなことをしてしまうと、その後のあなたの人生がめちゃくちゃになってしまいます。つまり、「借りた分はきっちりと返す」を効率的に実現させるためには、「しっかりとした返済シュミレーション」が必要不可欠になってくるのです。

そこで、「毎月の返済はこれくらいだから、収入のこの部分は残しておこう」や、「毎日の生活の、この部分は切り詰められるな」などのように、「返済>生活」のように、まずは「返済金」を確保して、その上で生活費の計算をしておけば良いでしょう。くれぐれも、「返せなくなったら、別のところから借りれば良い」とは考えないようにしておきましょう。返済金利だけが膨らんで、「いつのまにこんな借金額に…」という、まさに「借金のスパイラル」に陥る原因ですからね。


「借金ブログ」を見てみよう!

先日、ネット上で公開されている「借金ブログ」というものを見ていました。なかなか面白いですよ。「面白い」と言うと、誤解を招く表現かもしれませんが、少なくとも「興味深い」とは言えるでしょう。私が読んでいたのは、母子家庭の母親のブログで、子供を3人抱えているために満足に働くことが出来ず、生活保護も「ギリギリの生活に少し足りない…」という程度であるため、「生活費を捻出するために借金している」という状況のようです。そこから、子供が小学校に行くようになり、多少の時間の余裕が出来たこともあって、徐々に仕事を再開し、少しずつ返済していっているという内容です。

このブログには、借金額が多かったころの精神的な「辛さ」や、返済を続けていく上での感情、また、日常の生活風景なども赤裸々に書かれていました。「お金がないので、子供に満足は食事が…」などの文章を見ていると、かわいそうに思えるのは当然のこと、「こんな方法もあるのでは?」という書き込みもたくさん行われていました。

このような借金ブログは、じつはネット上にたくさんあるんですね。借金ブログだけを特集したサイトもあり、「借金ブログランキング」なんてのもあったんですよ。

借金をすると、まず精神的に不安な気持ちになります。当然ですよね。返済は、決して楽しいものではありません。「楽しくないものが毎月続く」のが返済ですから、「精神的に晴れやかになれない」というのは当たり前の感情だと思います。

しかし、もっと怖いのが「1人で悩む」ということですね。借金をしている人は、あなた1人ではありません。同じような理由で苦しんでいる人はたくさんいるのです。そこで、同じような悩みを抱えている人が一堂に集まるブログなどを閲覧して、「なるほど!そんな方法もあるのか!」と、「精神的な安心を得られる」という意味では、このような借金ブログの存在価値は大きいと言えるかもしれません。



これまでの生活を振り返る

「必要のない借金」という言葉をご存知ですか?本来なら、収入分で何とか生活はできるのに、「出費だけが先行して、なぜかお金が足りなくなって借金をする」という現象です。これは困ったものです。このような理由における借金は、少し厳しい言い方になりますが、「100%、あなたが悪い」ということになります。当然ですよね。本来なら収入範囲で生活することは可能なのに、不必要な支出を増やしてしまったために借金をしているのです。「生活バランスが悪い」と言われても仕方ないでしょう。

「自分の収入範囲内で生活できない…」という人には、「家計簿を付けていない」という共通点があります。家計簿は、収入と支出との「バランス」を記録したノートであり、専業主婦の方であれば付けている人も多いですね。家計簿は、確かに面倒な作業かもしれません。しかし、「収入と支出のバランス」が一目瞭然になるだけでなく、「何これ!こんなものにお金を使っていたんだ…」と、「余計な出費」を発見できる効果もあるんですよ。

「余計な出費」を確認できれば、その部分をカットできますので、まさに「これまでの生活を振り返る」という点では最適な方法と言えるでしょう。もちろん、カットできる分を返済に回しておけば、これまで以上にスムーズに返済が進むことも間違いありません。

そこで、一度本屋さんに行ってみましょう。今では、「簡単に付けられる家計簿」というのがたくさん発売されているんですよ。面倒な作業を出来るだけシンプルにして、短時間で効率的に収支バランスを見ることが出来るんですね。また、パソコンでも「家計簿ソフト」がたくさんありますので、これを利用して収支バランスを振り返ることも出来るでしょう。


借金額と収入バランスを計算

消費者金融大手のテレビCMを観ていると、「収入とのバランスを大切に!」とよく言っています。「収入とのバランスを大切に!」とは「当たり前の話」なのに、わざわざそれを言わなければならないほど、「バランスが取れない人が多い」ということでしょうか?

「バランスが取れない人が多い」というのは言いすぎかもしれませんが、少なくとも、「借金していることを忘れているかのように生活している」という人は多いですね。とくに、若い世代の人にこのようなことが多いのです。借金をすると、その時の「苦境」は乗り切ることが出来ます。しかし、あくまでも「その時の苦境」なんですね。だからこそ、その後で「返済」という作業が待っていることを忘れてはいけません。

しかし、中には「借金をしていることを忘れているような人」もいるんですね。「収入とのバランスを大切に」というのは、「収入と借入額のバランス」という意味もあるのですが、むしろ、「収入と返済のバランス」という意味の方が大きいのです。したがって、あなたの収入から「どの部分を返済に充てるのか?」については、借金をする前にしっかりと計画しておくことが肝心と言えるでしょう。

たとえば、1人暮らしをしており、収入が「月20万円前後」だとします。家賃で「5〜7万円」を支払うとして、残りは「15万円以下」ということになってしまいます。この状態で「返済義務」が加わると、非常に生活が厳しくなりますよね。しかし、毎日の生活をジックリと振り返ってみると、意外と「余計な出費」が見えてくるのです。また、「今まではこれだけ出費していた分を、これからは2割圧縮する」という感じで、切り詰められる部分を探しておきましょう。これこそ、「収入とのバランスを考えた計画」と言


専門家に相談してみる

借金をして、計画的に返済が進んでいる人も多いのですが、「借金が返せなくて、本当に困っている…」という人も多いと思います。特に最近はこのような人が増えていますね。借金をした時は、「しっかり返済するぞ!」と意気込むのですが、これはあくまでも「意気込み」であり、「現実」ではありません。意気込んだものの、予想以上に厳しい返済の現実にぶつかり、「どうしよう…」という状況になってしまうのです。しかし、夜逃げするわけにもいきませんし、頭を下げても借金が減るわけでもありません。また、「返済のために新しく借金をする」という状況になると、間違いなく多重債務に陥り、余計に苦しい生活が始まると考えてください。

もし、「ニッチもサッチもいかない…」という状況になったら、怯えて過ごすのではなく、恥ずかしがらずに専門家に相談しておきましょう。最近では、債務関係に強い弁護士事務所のテレビCMなどもよく見かけます。「それだけ需要があるのか…」と思ってしまいますが、中には「無料で相談できる」という場合もありますし、過払いなどの事実が発覚すれば、ある程度のお金が戻ってくるかもしれないんですね。また、戻ってきたお金を返済に充てておけば、その分だけ負担も軽くなるというものです。

さらに、「生活センター」や「消費者センター」などへの相談も有効です。「生活センター」では、私たちの日常生活における様々なトラブルの「解決法」を教えてくれますので、最初は「恥ずかしい」と思ってしまいますが、積極的に相談しても良いと思いますよ。「恥ずかしい…」と尻込みしているだけでは、結局、何も変わらないことになってしまいますからね。


[リンク]lpガス会社の転職情報

▲ページの上へ戻る